レノボ・ジャパン、Android 3.1搭載タブレット「ThikPad Tablet」と「IdeaPad K1」の国内発売を発表

投稿日時 8月 2nd, 2011 by juggly 投稿カテゴリ » Androidニュース
コメントは受け付けていません。



レノボ・ジャパンは8月2日、Android 3.1(Honeycomb)を搭載したタブレット新機種「ThinkPad tablet」、「IdeaPa K1」の国内発売を発表しました。

同社のThinkPadシリーズ初となるビジネス向け製品「ThinPad Tablet」は本日8月2日より法人向けモデルの注文受付が開始されます。ラインアップは16GBモデルで47,040円(税込み)、32GBモデルで58,065円(税込み)、64GBモデルで65,940円。32GBモデルと64GBモデルにはデジタイザーペンが付属します。出荷予定日は9月4日。

コンシューマ向け製品「IdeaPad K1」はその量販店モデルが8月26日より発売されます。ラインアップはホワイトカラーとレッドの2モデル。内蔵ストレージはどちらも32GB。価格はオープンプライス。

「ThinPad Tblet」、「IdeaPad K1」はレノボ・ジャパンの直販サイトでも販売される予定です。現在発売時期を通知メール登録を受けが行われています。

ThinkPad Tablet



ThinkPad Tabletは10.1インチ(解像度1,280×800ピクセル、WXGA)サイズのIPS液晶ディスプレイ(表面パネルはゴリラガラスを採用)、NVIDIA Tegra 2 T20 1.0GHz、1GBのLPDDR2 RAM、16GB/32GB/64GBの内蔵ストレージ、背面500万画素のカメラ、前面に200万画素のカメラ、マイクロSDカードスロット、フルサイズのUSB端子、マイクロUSB端子、ミニHDMI出力端子、ドッキングステーション接続用端子、スピーカー×2、マイク、3.5mmオーディオジャックを搭載。Wi-Fi b/g.n、Bluetooth 2.1+EDRに対応(3G機能は非搭載)。バッテリー駆動時間は約9時間。本体サイズは260 4mm×181 7mm×14 5m、本体質量は743g(デジタイザペン非搭載時)。

ThinkPad Tabletは専用デジタイザペン「ThinkPad Tabletペン」による手書き入力に対応しています(デジタイザペンは別売ですが、それを含むモデルもラインアップされます)。また、マイクロUSB・フルサイズのUSB端子やHDMI出力端子、ライン出力、マイク端子等を備えタブレットを縦置きできる「ThinPad Tabletドック」や、トラックポイント付きのキーボードを搭載したフォリオケース「ThinkPad Tabletキーボードフォリオケース」が周辺機器として提供されます。

IdeaPad K1



IdeaPad K1の量販店モデルは、10.1インチ(解像度1,280×800ピクセル、WXGA)サイズの液晶ディスプレイ、NVIDIA Tegra 2 T20 1.0GHz、1GBのLPDDR2 RAM、32GBの内蔵ストレージ、背面500万画素のカメラ、前面に200万画素のカメラ、マイクロSDカードスロット、フルサイズのUSB端子×2、ミニHDMI出力端子、ドッキングステーション接続用端子、スピーカー×2、マイク、3.5mmオーディオジャックを搭載。Wi-Fi b/g/n、Bluetooth 2.1+EDRに対応(3G機能は非搭載)。バッテリー起動時間は約8.6時間。本体サイズは264mm×189mm×13.3mm、本体質量は約750g。

Source : Lenovo(ThinkPad Tablet)、(IdeaPad K1

 

関連する記事一覧

1週間の人気記事ベスト5