Android、iPhone、iPadがカード決済端末になるサービス「Square」が本日スタート

投稿日時 5月 12th, 2010 by juggly 投稿カテゴリ » Androidニュース
キーワード: ,
コメントは受け付けていません。

本日より、「Square」と言うモバイル端末をカード決済端末として利用することができるサービスが開始されました。現在は米国で発行されたVISA、MASTER、American Express、Discoverカードだけが利用可能です。

Squreは、Android、iPhone、iPadなどスマートフォンに搭載されている3.5mmイヤフォンジャックに、米Squareから送付される小型カードリーダを差し込んで、Android、iPhone、iPad向けに公開されているアプリを立ち上げると、あなたのスマートフォンがお店なんかで良く見かけるカードリーダー端末に早代わり、と言うサービスです。



上図の小型カードリーダーを端末に搭載し、Androidマーケットで公開されている「Square」と言うアプリを起動して、支払者のカードを入れ、サインしてもらうとカード決済ができる、と言う感じのようです。





これがあれば誰でも、どんな商品でもカード決済を受け付けることができるので、例えばお店で支払うチップの加算にも利用することができるそうです。

また、Squareはカード決済にかかる費用が驚くほど安く、カード決済を受けるために必要になるのはカード決済時にかかる手数料のみとの事、一般的には業者としての届出やカードリーダー本体の貸し出し料金、各種セットアップ料金、月額利用料のようなコストがかかり個人では到底手が出せない領域なのですが、Squareの場合、カードを読取って支払いする場合、商品代金の2.75%+15セント、カード番号を手入力する場合、商品代金の3.5%+15セントを手数料として支払うだけで他の手数料はかからないとのこと。Squareから送付される小型カードリーダーも無料で提供されるそうです。

このアプリ、現時点では日本国内でダウンロードすることはできませんが、そのうち国内のカード会社と提携し、サービスが提供されるのではないかと思います。

Square

関連する記事一覧

1週間の人気記事ベスト5