Qualcommの次世代Snapdragon搭載製品を来年のMWCで見られるかもしれない

投稿日時 9月 15th, 2011 by juggly 投稿カテゴリ » Androidニュース
キーワード: ,
コメントは受け付けていません。



Qualcommがトルコ・イスタンブールで開催したイベントで、同社CEOのPaul Jacobs氏は同社の次世代SnapdragonとなるS4カテゴリのSoCについて年末より端末メーカーらに対して出荷できるようになり、来年早々には実際にそれを搭載した製品を見られるようになるだろうと述べたそうです。この発言より来年のMobile World CongressではS4カテゴリのSnapdragonを搭載した製品が多数披露されると予想されています。

Snapdragon S4は製造プロセス28nmの”Krait”コアをCPUに採用したSoCで、用途別にシングルコア、デュアルコア、クアッドコアのモデルで構成され、CPUは最大2.5GHzまでの動作クロックをサポートします。それぞれクアッドコアの次世代Adreno GPUを搭載し、Wi-Fi、Bluetooth、GPS、FMラジオ、NFC、1080pフルHDでの映像、3D映像(ステレオ3D、S3D)や写真の撮影、再生・表示をサポートします。Snapdragon S4にはAPと3G/LTEマルチモードモデムを統合したモデルも含まれています。

以前リークされたQualcommのロードマップによると、年内はいずれもデュアルコアのMSM8960(3G/LTE)、MSM8260A(HSPA+、TD-SCDMA)、MSM8270(DC-HSPA+)の出荷が予定されているようだったので、来年のMWCで披露されるかもしれないというS4搭載製品には、少なくとも上記のSoCを搭載したものが含まれていると予想されます。

Source : Pocket-Lint

 

関連する記事一覧

1週間の人気記事ベスト5