CES 2012:ViewSonic、Windows 7/Android 2.3デュアルブートタブレット「ViewPad 10pi」と厚さ9.1mmのスリムな9.7インチタブレット「ViewPad 10e」を発表

投稿日時 1月 12th, 2012 by juggly 投稿カテゴリ » Androidニュース
コメントは受け付けていません。

ViewSonicは1月10日、同社のViewPadタブレット新機種「ViewPad 10pi」と「ViewPad 10e」を発表しました。どちらも現在米国ラスベガスで開催中のCES 2012で展示されています。

ViewPad 10pi(上図)は、10.1インチWXGA(1,280×800ピクセル)のIPS液晶、Intel ”Oak Trail”ベースのAtom Z670を搭載したWindows 7 ProとAndroid 2.3(Gingerbread)のデュアルブート端末。 2GBのRAM、64GBのSSD、背面に300万画素/前面に130万画素カメラ、本体側面にはフルサイズのUSB端子×2、ドックコネクタ、Android操作用のホーム、メニュー、バックボタンやシステムインジケーターなどが搭載されています。通信機能はWi-Fi b/g/n、Bluetooth 2.1+EDRに対応。Wi-Fi+3Gモデルもラインアップされるという。バッテリー容量は3200mAh。本体の幅は18mmと結構厚い。北米において1月下旬より発売される予定。米国におけるメーカー希望小売価格は$849。

ViewPad 10eは、9.7インチXGA(1.024×768ピクセル)のIPS液晶、1GHz駆動のARM Cortex A8 CPU(シングルコア)を搭載した端末。スペックはエントリーレベルといった感じ。厚さ約9.1mmと比較的スリム。OSバージョンはAndroid 2.3(Gingerbread)で「ViewScene 3D」と呼ばれるカスタムUIを搭載。Androidマーケットには対応しませんが、アプリは「1Mobile Apps Store」からダウンロードできるようになっています。RAM容量は512MB、内蔵ストレージの容量は4GB。バッテリー容量は5,400mAh。Wi-Fi b/g/n、Bluetooth 3.0に対応。北米と南米において1月下旬より発売されます。米国におけるメーカー希望小売価格は$299。英国では£249で発売されています。

Source : ViewSonic

関連する記事一覧

1週間の人気記事ベスト5