Samsungが新しいGalaxyスマートフォン「Galaxy S Advance」を発表、4インチSuper AMOLEDディスプレイ・1GHzデュアルコアCPU・768MB RAMを搭載

投稿日時 1月 30th, 2012 by juggly 投稿カテゴリ » Androidニュース
キーワード: , ,
コメントは受け付けていません。

Samsungは1月30日、Galaxy Sの新モデル「Galaxy S Advance GT-I9070」を発表しました。

Galaxy S Advanceは、Samsungが2010年に発売したGalaxy Sのデュアルコア版といった感じの端末。4インチWVGAサイズのSuper AMOLEDディスプレイ、1GHzのデュアルコアプロセッサーを搭載。厚さ9.69mm・質量約120gと本体は比較的スリムで軽量。OSはAndroid 2.3.6(Gignerbread)。Android 4.0へのアップグレードに関する情報はありませんが、RAM容量が768MBなので対応すると思われます。対応周波数はGSM/EDGE(850/900/1800/1900MHz)、WCDMA/HSDPA 14,4Mbps(900/2100MHz)。

Galaxy S Advanceは2月にロシアで発売されるのを皮切りに、欧州、旧CIS地域、南米、東南・南西アジア、中東、アフリカ、中国でも発売される予定。日本での発売は明記されていません。

Galaxy S Advanceのスペック
  • OS:Android 2.3.6(Gingerbread)、Samsung TouchWiz、LivePanel
  • サイズ: 123.2mm×63.0mm×9.69mm、質量120g
  • ディスプレイ:4.0インチ、解像度800×480ピクセル(WVGA)、Super AMOLED
  • チップセット:1GHzデュアルコア(ST-Ericsson NOVA Thor U8500)
  • GPU:ARM Mali-400MP
  • メモリ:768MB RAM、8/16GB eMMC
  • 外部メモリ:microSD/microSDHC(32GBまで対応)
  • リアカメラ:500万画素CMOS、AF、フラッシュ、720p@30fpsVideo Recording
  • フロントカメラ:130万画素CMOS
  • 対応周波数:GSM/EDGE(850/900/1800/1900MHz)、WCDMA/HSDPA 14.4Mbps(900/2100MHz)
  • ネットワーク:Wi-Fi a/b/g/n(デュアルバンド)、Wi-Fi Direct、Bluetooth 3.0+HS
  • 外部端子類:3.5mmオーディオジャック、マイクロUSB
  • センサー類:加速度、ジャイロ、近接、ライト、デジタルコンパス、GSP/A-GPS対応、FMラジオ
  • バッテリー:リチウムイオン1,500mAh
  • ソフトウェア:GMS(Google Mobile Services)、ThinkFree(オフィスアプリ)、Samsung Apps、Samsung Kies 2.0、Samsung ChatON、Social Hub、Sound Alive
Source : Samsung

関連する記事一覧

1週間の人気記事ベスト5