韓国版Galaxy Sは8月上旬にAndroid2.2にアップデートされるらしい

投稿日時 7月 12th, 2010 by juggly 投稿カテゴリ » Androidニュース
キーワード: , , ,
コメントは受け付けていません。

先月24日に韓国で発売された韓国版Galaxy SのAndroid2.2へのアップデートが8早くても7月下旬、遅くとも8月上旬から開始されることが明らかとなりました。

Samsung HUBがこの話題を取り上げ、そのソースとなる記事をEuroDroidが掲載しています。そのソースとなる勧告のニュースサイトでは今回のアップデートに関する情報をサムスン関係者からの情報として取りあげ、そのアップデート内容や方法に付いても言及しています。

とはいってもこれは韓国版のGalaxy Sであって国際版でもUS版のものに対してのアップデートではないようです。日本版のことについては全く何も書かれていなかったので情報はありません。

韓国で行われるAndroid2.2へのアップデートにより、Xperiaでいうところの”Timescape”、HTCでいうところの”FriendFeed”などのソーシャルメディアを横断できる”Social HUB”が追加されるそうです。それはサムスン独自UIでもある”TouchWiz3.0”にも対応したものであるとのこと。今のところそれだけですね。

そのアップデートは、サムスンの”KIES”というソフトを使ってPC経由で行われるとのこと。OTAアップデートもおそらくあると思います。

日本でも10月ごろにGalaxy SベースのAndroid端末が発売される予定ですが、そのときはどちらのバージョンでリリースされるのでしょうか。韓国版でこの比較的早い時期にアップデートされるのでついつい日本版にも期待しちゃうんですが、端末自体は全くの別物だと考えるのが妥当なので、もしかしたらAndroid2.1かもしれないですね。

話が変わりますが、韓国ではかなりGalaxy Sが売れているみたいで、先日は10日間で20万台売れたと紹介しましたが、どうやらSKテレコムは合計30万台の予約注文にも対応できるように発注していたそうなのですが、それを50万台に増やしたとそうです。

ネタ元:daum.net

関連する記事一覧

1週間の人気記事ベスト5