再設計されたGalaxy Note 10.1の画像、Sペンが本体に収納可能でプロセッサがクアッドコアExynosに変更

投稿日時 5月 23rd, 2012 by juggly 投稿カテゴリ » Androidニュース
コメントは受け付けていません。



再設計されたGalaxy Note 10.1が海外で最近開催されたSamsungの ”Galaxy Knights”イベントで展示されていたそうです。

上図が新しいGalaxy Note 10.1(しかもホワイトカラー)で、ドイツのブログ TeckFokusによると、2月の発表ではデュアルコアExynosだったプロセッサがクアッドコアExynosに変更、画像でも確認できますが、Sペンの収納口が新たに設けられています。Sペンが本体に収納可能にしたからなのか、Sペン自体が当初のものより小型化しています(デザイン・サイズはGalaxy NoteのSペンと似てますね。同じものかもしれません)。

OSバージョンもAndroid 4.0.4にアップグレードされています。



Source : TeckFokusAndroidnext

 

 

関連する記事一覧

1週間の人気記事ベスト5