Google、Google Playのアプリ内課金にサブスクリプション形式での販売も可能にする機能を追加

投稿日時 5月 25th, 2012 by juggly 投稿カテゴリ » Androidニュース
コメントは受け付けていません。



Googleは5月24日、Google Playストア(旧Androidマーケット)のアプリ内課金システムにサブスクリプション形式での販売も可能にする機能を追加したと発表しました。

アプリ内課金はAndroidアプリ内でオプションやグッズ、アプリのアップグレードなどを有料販売できるようにする仕組みで、約1年前のAndroidマーケットの頃に始まりました。これまでは売り切り型でしか商品を販売できませんでしたが、24日からは月単位・年単位で自動課金するサブスクリプション形式でも販売が可能になりました。新聞や雑誌の定期購読には大いに役立つでしょうね。

ユーザは、Androidアプリ内で今回のサブスクリプション形式で販売されている商品をGoogle Playの決済機能を使って購入することができます。この形式で購入した商品(定期購読とか)はPlayストアアプリの「マイアプリ」で一元管理できます。Playストアアプリはv3.5以上が対応するそうです。v.3.5.xが数週間前より配信されているので、大半の方はすでに利用可能になっていると思います(現在の最新版はv3.5.19です)。

Source : Google

関連する記事一覧

1週間の人気記事ベスト5