東芝、「REGZA Tablet AT500(26F/36F/46F)」のソフトウェアアップデートを開始、Wi-Fi通信安定化、インストール中の通知が残る現象を改善

投稿日時 7月 12th, 2012 by juggly 投稿カテゴリ » Androidニュース
コメントは受け付けていません。


東芝は7月12日、Tegra 3を搭載した10.1インチタブレット「REGZA Tablet AT500」のソフトウェアアップデートを開始しました。

対象は量販店モデルの36Fと46F、KDDI向け26Fの3モデル。アップデート内容は以下の通り。

  • IEEE 802.1xを使用した無線LANの通信を安定化。
  • 一部のアプリのアカウント設定が保持されない現象を改善。
  • アプリのインストールが完了しても、まれにインストール中の通知が残る現象を改善。
アップデート操作はAT500の設定メニューを表示後、「タブレット情報」→「システムアップデート」より実施できます。TOSHIBA Service Stationアプリを直接起動してもアップデートできます。アップデート後のプラットフォームバージョンは「Ver.4.0.3.02.000070512」になります。

インストール中の通知が残る現象はAT570でも確認されているので、AT570での現象もアップデートで解消されると思います。二日続けて新型REGZA Tabletのアップデートが行われているので、AT570のアップデートは明日開始されるかもしれません。

Source : 東芝

関連する記事一覧

1週間の人気記事ベスト5