ASUS Japan、フルHD対応の10.1インチAndroidタブレット「ASUS Pad TF700T」を8月上旬に発売

投稿日時 7月 24th, 2012 by juggly 投稿カテゴリ » Androidニュース
キーワード: ,
コメントは受け付けていません。

ASUS Japanは7月24日、日本向けタブレット端末の新製品として、Androidタブレット「ASUS Pad TF700T」を発表しました。発売時期は8月上旬です。ASUSのオンラインショップではすでに予約受付が行われています。

TF700は、解像度1,920×1,200ピクセル(WUXGA)・輝度最大600nitesと明るい”Super IPS+”ディスプレイとNVIDIAのクアッドコアプロセッサ Tegra 3 T33(シングルコア動作時最大1.7GHz、マルチコア動作時最大1.6GHz)を搭載した10.1インチタブレット。今年2月に発売されたTransformer Primeの後継という位置づけで紹介されています。OSはAndroid 4.0.3(ICS)を搭載します。

既存のTransformerやASUS Padと同じく、モバイルキーボードドックが提供されており、それに接続することでノートPCとしても利用できます。海外で「Transformer Pad Infinity」として販売されている製品の国内モデルで、国内では「ASUS Pad」というブランドの下での販売されます。

日本で発売されるのは、ストレージ容量64GBのタブレット+モバイルキーボードドックのセットモデル(アメジストグレーとシャンパンゴールド、希望小売価格74,800円)、ストレージ容量32GBのタブレット単体モデル(シャンパンゴールド、希望小売価格54,800円)。なお、セットモデルに付属するモバイルキーボードドックは87キー日本語キーボードです。

RAM容量は1GB(DDR3L)、内蔵ストレージの容量は32/64GB、ASUS Web Storage 8GBが永久無償提供されます。外部メモリはmicroSD/microSDHC/microSDXCに対応します。

カメラは背面にF値2.2レンズを使用した800万画素裏面照射型CMOS、前面に200万画素CMOSを搭載。背面のカメラでは1080pフルHD動画を撮影することもできます。

通信機能はWi-Fi b/g/n、Bleutooth v3.0+EDRのみ。3G通信モジュールは非搭載です。センサは、GPS、電子コンパス、光センサ、加速度センサ、ジャイロスコープを搭載。外部IFはmicroHDMI出力、microSDカードスロット、3.5mmオーディオジャック、ドックコネクタ。モバイルキーボードドックにはフルサイズのUSB 2.0端子×1、SD/SDHCカードスロットが搭載されています。

TF700Tの使用時間は最長9.5時間。モバイルキーボードドックと接続した場合は最長15時間になります。タブレットのサイズは263mm×180.8mm×8.5mm、質量約590g。モバイルキーボードドックと合せると重さは1.1kgとなります。



Source : ASUS Japan(プレスリリース)

関連する記事一覧

1週間の人気記事ベスト5