KDDI、Xperia acro HD IS12SのAndroid 4.0アップグレードを開始

投稿日時 7月 31st, 2012 by juggly 投稿カテゴリ » Androidニュース
コメントは受け付けていません。



KDDIが本日7月31日18時から「Xperia acro HD IS12S」のAndroid 4.0アップグレードを開始しました。

更新ファイルは3G/Wi-Fiを経由で直接本体にダウンロードできますが、単体で実施する場合は2回のアップデート操作が必要になります(1回目 10.3MB、2回目 201.7MB)。また、更新ファイルのサイズが大きいためKDDIはWi-Fi経由で実施することを推奨しています。アップデートはパソコン用ツール「PC Companion」経由でも実施することができます。PC Companionのダウンロード先

今回のアップグレードでは、OSがAndroid 2.3.7(Gingerberad)→Android 4.0.4(ICS)にバージョンアップ(ビルド番号は「6.1.D.0.170」です)。ロック画面、ホームアプリ、アプリ起動履歴のリスト、本体設定画面やボタン等のUIのデザインが新しくなり、アプリごとに通信量を確認できる「データ使用」や顔認識技術を活用したロック画面解除機能「フェイスアンロック」などAndroid 4.0で追加された新機能が利用できるようになります。また、Android版ChromeなどのAndroid 4.0以上にしか対応してないアプリも利用できるようになります。

Sony Mobileアプリの変更。今回のアップグレードでデータのバックアップ/リストアが可能な「バックアップと復元」アプリ、手書き対応のメモリアプリ「ノート」、コンテンツ管理機能を備えた動画プレイヤー「ムービー」アプリが追加されます。また、ギャラリーアプリは「アルバム」に、ミュージックプレイヤーは「Walkman」に変わります(詳細はこちら)。

Flash Playerはアップグレードで削除されるので、アップグレード後もFlashコンテンツを利用したい場合はGoogle Playストアから再インストールする必要があります。

auアプリの変更。「Eメール」アプリが新しくなり、背景色を白または黒に変更すること、送受信メールの添付ファイルをSDカードに保存することが可能になるほか、本文未受信メールを受信した場合、メール詳細画面から本文取得が開始できるようになります。「テキストメッセージ」アプリでは、au絵文字が利用可能になります。このほか、3G⇔Wi-Fiの切り替え時間の短縮やWi-Fi ON時の省電力化を含む「Wi-Fi 品質向上」の変更も今回のアップグレードに含まれています。

Source : KDDI、Sony Mobile(Android 4.0アップグレードの特設ページ)

関連する記事一覧

1週間の人気記事ベスト5