PlayStation Mobile正式サービスは今秋開始、PlayStation CertifiedライセンスプログラムにASUSとWikipadが参加

投稿日時 8月 15th, 2012 by juggly 投稿カテゴリ » Androidニュース
コメントは受け付けていません。



Sony Computer Entetainmentは8月14日、欧州最大のゲームショウ “gamescom”の開幕に先駆けて開催したプレスカンファレンスにおいて、同社が今年後半に開始を予定している「PlayStation Mobile(旧PlayStation Suite)」の詳細情報およびPlayStataion Certifiedのライセンスプラグラムへの追加企業を発表しました。

まず、PlayStation Mobileの開始時期は”今秋”で、日本、米国、カナダ、英国、フランス、ドイツ、スペイン、イタリア、オーストラリアの9カ国で開始するとのこと。サービス提供国は順次拡大予定としています。サービスの開始とともに、アプリストア「PlayStation Store」はPlayStation Mobile用のものにアップデートされる予定で、開始時には提携ソフトウェア企業からのアクション、アドベンチャー、パズルなどのゲーム約30種類が配信される予定となっています。

次に、「PlayStataion Developer Program」が提供されることが発表されました。これは、PlayStation Mobile SDK正式版の提供を含む開発者サポートプログラムで、上記9カ国に香港、台湾を加えた11カ国で提供、SCEとのライセンス契約(年額99ドル)をすると、開発者はPlayStation Storeに対して作成したアプリなどをのコンテンツを配信できるようになります。PlayStation Storeで配信されたコンテンツはPlayStation Certified端末やPS Vitaで利用することができます。

最後に、PlayStation Certifiedライセンスプログラムに、ASUSとWikipadが参加することが発表されました。具体的な機種は発表されていませんが、ASUSについては、ASUS PadなどのAndroidタブレットでPlayStation Storeのコンテンツが利用できるようになるとのことです。

2012年8月15日更新1:SCEはプレスリリースの中で、PSMの開始と同時に初代PSゲームの配信を終了すると述べているので、初代PSゲームを購入済みの場合は継続して利用できると思いますが、HTCやASUS、Wikipadの製品で初代PSゲームは利用できない可能性があります。

Source : SCE(PDF)

関連する記事一覧

1週間の人気記事ベスト5