Samsung、Galaxy S III向けにAndroid 4.1.1(Jelly Bean)で「モードチェンジャー」機能や「おやすみモード」機能を追加

投稿日時 8月 19th, 2012 by juggly 投稿カテゴリ » Androidニュース
コメントは受け付けていません。



数日前の流出したGalaxy S III GT-I9300用のAndroid 4.1.1(Jelly Bean)のアップデートファイルを使って手元のGT-I0300をアップデートさせてみました。

アップデートでは、Jelly BeanでGoogleが追加した機能に加えて、Samsung独自の機能追加も見られます。今回はそれら見つけた変更や新機能をスクリーンショットで紹介したいと思います(全部ではありませんが・・・)。今回利用したアップデートはテスト版なので、リリース版では変更・修正されていることは思います。

TouchWizのホーム画面やドロワーはAndroid 4.0.4のものと変化は見られませんが、ヒントの表示方法、ローカライズ(メニュー上の文字など)、通知パネルが変わっていたりします。



通知パネルはJelly Beanで内容の展開や共有等の操作が行えるようになり、Galaxy S IIIのAndroid 4.1.1ソフトウェアにも実装されています。時計のデザイン、設定メニューのリンクの位置が変更されていたりもします。Jelly Beanではアシスタント機能である「Google Now」が利用でき、Galaxy S IIIのAndroid 4.1.1でも検索バーあるいはメニューボタンの長タップで利用することができます。



新機能として、「おやすみモード」が追加されています。これは指定した時間は着信や通知、LEDの点滅などを停止する機能で、省電力モードと同じ用にトグルスイッチで簡単に切り替えることができます。就寝時の利用を想定した名前が付けられていますね。着信については、「おやすみモード」適用中でも指定した人からのものを許可するこもできます。



もう一つ新機能がありました。まだ日本語化されていませんが、「Mode Changer」という機能が追加されています。これは、ホーム画面のレイアウトを変更する機能で、「Basic Mode」と「簡単モード」の2種類が用意されていますが、利用したビルドのファームウェアでは変更されませんでした。Basic Modeはデフォルトのレイアウト、「簡単モード」は画像のスクショのようにシンプルで大きめに表示するようです。



ほかに気が付けば追記します。

関連する記事一覧

1週間の人気記事ベスト5