RWC、Android 4.0を搭載したX-RIDEタブレットナビ2製品を発表、ワンセグ対応モデル、防水モデルあり

投稿日時 9月 13th, 2012 by juggly 投稿カテゴリ » Androidニュース
コメントは受け付けていません。



RWCは9月11日、同社のカーナビブランド”X-RIDE”の新製品として、Android 4.0を搭載した「X-RIDE タブレットナビ」2製品を発表しました。

X-RIDE タブレットナビ はタッチ対応の7インチディスプレイを搭載した、カーナビとしてだけではなく、Androidタブレットとしても利用できる製品。発表された2製品は、ワンセグ対応モデルの「 RM-XRAD700TV」と防水(IPX5)対応モデル「RM-XRAD700WP」。どちらも、ゼンリン地図データを採用したナビアプリ「X-RIDEナビアプリ」、ドライブレコーダーアプリ「位置ロク」、渋滞状況アプリを搭載します。通信機能はWi-Fiに対応します。製品には、吸着式スタンドやホールド用台座、シガー(DC)ケーブル、ACアダプターなど設置に必要そうな部材が付属するので、ほとんどの場合は、工事を行うことなく取り付けられると思います。

タブレットナビ2モデルのRWCダイレクトショップにおける発売予定日は9月25日、価格は29,800円(税込み)。

  • OS:Android 4.0(Ice Cream Sandwich)
  • ディスプレイ:7インチTFT液晶、解像度800×480ピクセル(WVGA)、静電容量式タッチパネル
  • プロセッサ:TCC 8923 Cortex A5 1.2GHz(デュアルコア)
  • メモリ:RAM 512MB、内蔵ストレージ8GB(4GBをマップデータに使用)、microSD/microSDHCに対応
  • 外部端子:Mini HDMI(1080p出力可能)、3.5mmステレオジャック、USB、microSDカードスロット
  • センサー:デジタルコンパス、加速度、GPS
  • カメラ:背面に200万画素(ワンセグモデルのみ)、全面に30万画素
  • 通信機能:Wi-Fi b/g/n、FMトランスミッタ
  • 電源:ACアダプタ、シガーソケット、内蔵バッテリー
  • バッテリー使用時間;ナビアプリ利用時最大4.5時間
  • 寸法(ワンセグモデル):187mm×124mm×9.5mm(本体のみ)、質量330g
  • 寸法(防水モデル):197mm×129mm×19mm(本体のみ)、400g
Source : RWC

関連する記事一覧

1週間の人気記事ベスト5