Sense 4+ベースのHTC One X用Jelly Bean ROMが公開

投稿日時 10月 8th, 2012 by juggly 投稿カテゴリ » Androidニュース
キーワード: , ,
コメントは受け付けていません。



XDAで「Android 4.1.1(Jelly Bean)」+「Sense 4+」という構成のHTC One X用カスタムROM「maXimus ROM」が公開されました。

このROMの作成者はXDA名Football氏。最新のmaXimus ROM v4.1は、流出したHTC One X+用の公式ROMがベースとなっていますが、その前のv4.0は、HTC One X用の公式ROM(3.09.401.100)がベースとなっていました。

OSバージョンはAndroid 4.1.1(Jelly Bean)。Senseバージョンは「4+」。カーネルは2.6.39から3.1.10に変更。ベースバンドファームも新しくなっています。また、PlayStation Certifiedにも対応します。



ホームアプリでは、ホーム画面が無限ループするようになり、利用できるSenseテーマも増えています。ギャラリーアプリはサードパーティーの画像・オンラインストレージ系アプリをサポートしています。USBホストにも対応します(USBメモリやSDカードリーダーが利用可能)。



 

ドロワーでは、アプリのソート、共有、非表示設定ができるようになっています。「設定」からBeats AudioのON/OFF、HTC MediaLink HDの設定画面に直接アクセスすることもできるようになっています。「設定」の「アプリケーション」のデザインは新しくなりました。


簡単セットアップの「ウェブセットアップ」機能が追加されました。Sense 4では提供されてなかった「省エネ(Power saver)」機能が追加されました。「省エネ」機能では、CPUクロックやディスプレイ輝度を下げたり、タッチバイブやモバイルデータのOFF操作が一括でできるようになっています。



 


Source : XDA(1)(2

関連する記事一覧

1週間の人気記事ベスト5