レノボ・ジャパン、Android 4.0を搭載した7インチタブレット「IdeaTab A2107A」を発表、9インチタブレット「IdeaTab A2109A」と一緒に10月26日に発売

投稿日時 10月 23rd, 2012 by juggly 投稿カテゴリ » Androidニュース
コメントは受け付けていません。



レノボ・ジャパンは10月23日、同社Androidタブレット”IdeTab”シリーズの新製品「IdeaTab A2107A」を発表しました。先日発表した9インチタブレット「IdeaTab A2109A」と一緒に10月26日(金)より量販店およびレノボのショッピングサイトで発売される予定です。

「IdeaTab A2107A」はAndroid 4.0(ICS)を搭載した7インチタブレット。製品ページには”3G通信対応(一部モデルのみ)”との記述も見られますが、発表されたのはWi-Fi Onlyモデルとなる「22983AJ」のみ。3G通信対応モデルは今後追加発表されるものなのかもしれません。価格はオープン。

ディスプレイは7インチ1,024×600ピクセルの液晶。タッチパネルは静電容量式で、マルチタッチ(最大5点)に対応します。プロセッサはMediaTek MT6575 Cortex A9  1.0GHzシングルコアを搭載。RAM容量は512MB(LPDDR2)、内蔵ストレージの容量は16GB、外部メモリはmicroSD/micorSDHC(最大32GB)に対応します。

カメラは背面に200万画素CMOS、前面に30万画素CMOSを搭載。通信機能はWi-Fi b/g/n、Bluetooth v2.1+EDRに対応。外部IFはmicroSDスロット、microUSB、3.5㎜オーディオジャックを搭載。マイク、ステレオスピーカーも搭載されています。バッテリー容量は3.550mAhで、10時間のWEBブラウジングが可能とされています。本体サイズは縦192㎜×横122㎜×厚さ11.5mm、質量は約400g。カラバリはブラック1色。

Source : レノボ・ジャパン

関連する記事一覧

1週間の人気記事ベスト5