TweetDeck for Androidベータ版が一般公開

投稿日時 8月 13th, 2010 by juggly 投稿カテゴリ » Androidニュース, Twitter
コメントは受け付けていません。



米国時間で12日、TweetDeck for Androidベータ版が一般公開されました。アプリはAndroidマーケットには公開されておらず、TweetDeck公式ブログ上でメール登録して入手することができます。

TweetDeck for Androidベータ版の利用申込みはこちら

送付されてきたメールにアプリのダウンロードリンクとインストール方法、セットアップ方法、機能の紹介などが書かれているので詳しくはそちらをご覧ください。



TweetDeck for Androidでは、”Blended Columns”ということで、メインのタイムライン(Home)にTwitter、Buzz、FourSquare、Facebookでのアップデートがまとめて表示されます。”Me”というカラムも同様に各サービスで受けたコメントやMentionsなどがそこに表示されます。なお、各サービスごとにTL上では色分けされて表示されますので見分け安いと思います。ここがiPhone版TweetDeckと大きく異なる点です。

そういうわけで、TweetDeck for Androidから「Home」と「Me」カラムは削除できないようになっています。

では、新しいカラムはどうやって配置するのかと言うと、検索結果や特定のハッシュタグを選択した場合、特定のユーザのタイムラインを表示した場合、画面下に「Add Columns」と表示されます。このボタンをタップすることで新たなカラムとして設定でき、これ以外のカラムの追加方法は無いようです。この点もiPhone版とは大きく異なるところですね。



さらに、TweetDeck for Androidには、”お気に入りユーザ”という概念があって、画面下に表示されているタイル状のボタンをタップすると、11名のユーザを個別に表示できるページが現れます。そこに追加した友人や良く連絡を取る知人などを登録しておけば、そのユーザのプロフィールを簡単に確認できることのほか、自分からのつぶやきにその方たちを含めることも簡単になります。



上の右の図に、「Add Contact」と表示されていますが、それをタップすると、あらかじめ登録しておいたユーザページを表示し、簡単にそこに登録されている方に対してメッセージを送れるようになります。

そのほか、TweetDeck for Androidにはいろんな機能が搭載されていると思いますが、特徴的な機能は以上だと思います。

Source:TweetDeck

関連する記事一覧

1週間の人気記事ベスト5

    None Found