BroadcomがAndroid 4.2(Jelly Bean)対応のデュアルコアプロセッサ「BCM21664T」を発表

投稿日時 12月 10th, 2012 by juggly 投稿カテゴリ » Androidニュース
コメントは受け付けていません。

無線LANチップで有名な米国の通信機器メーカーのBroadcomは12月4日、Android 4.2(Jelly Bean)対応のスマートフォン向けプロセッサ「BCM21664T」を発表しました。

BCM21664Tは2G/3Gスマートフォンのエントリー市場をターゲットにしたワンチップソリューション。CPUはARM Cortex-A9×2。CPUクロックは最大1.2GHz。GPUには、1080pフルHDでのデコードも可能なVideoCoreブランドのものが使用されています。

このほか、Wi-Fi、Bluetooth、GPS 、NFC、ワイヤレスディスプレイの”Miracast”、HSPA+ 21.1Mbps、720pHDのエンコードと1080pフルHDのデコード、 2G/3G/\のデュアルSIM・デュアルスタンバイ構成にも対応します。

BCM21664Tは現在サンプリング中で、2013年Q2に製品として登場する見込みとされています。

Source : Broadcom

関連する記事一覧

1週間の人気記事ベスト5

    None Found