HTC Desire XのCPUクロックを1.4GHzまでアップできるカスタムカーネルが公開

投稿日時 2月 23rd, 2013 by juggly 投稿カテゴリ » Androidニュース
コメントは受け付けていません。



2012年秋に発売されたHTCのエントリーモデル「Desrie X」向けのオーバークロック対応カスタムカーネルがXDA Developersで公開されていました。

Desire Xに搭載されているデュアルコアプロセッサ「MSM8225」のCPUは122~1008MHzのクロックで動作しますが、今回紹介する「Tweaked kernel v2」では、98~1401MHzまでのクロック調節が可能です。最大クロックを既定よりも400MHzほど高くできるので、アプリの起動や切替え、全体的な動きは若干良くなりますが、その反面、消費電量が増えます。

その他の機能としては、init.dスクリプト、CPUガバナには”Lulzactive”、”Hotplug”、”SmartassV2”が追加、I/Oスケジューラには”SIO”と”VR”が追加されています。

カーネルの変更方法は、XDA Developersで配布されているイメージファイルをFastbootコマンド(fastboot flash boot)でインストールするだけです。利用するにはブートローダーをアンロックしておく必要があります。

Source : XDA Developers

関連する記事一覧

1週間の人気記事ベスト5