Samsung、4.7インチディスプレイ・1.2GHzクアッドコアCPU搭載の「Galaxy Win」を発表、デュアルSIM版もあり

投稿日時 4月 8th, 2013 by juggly 投稿カテゴリ » Androidニュース
コメントは受け付けていません。



Samsungは4月8日、Galaxyスマートフォンの新モデル「Galaxy Win」を発表しました。

Galaxy Winは4.7インチWVGA解像度のAMOLEDディスプレイと1.2GHz駆動のデュアルコアプロセッサ(MSM8x25Q)を搭載したミッドレンジクラスの機種で、シングルSIM版とデュアルSIM・デュアルスタンバイ対応版(Galaxy Win Duos)の2種類が発売されています。OSはAndroid 4.1(Jelly Bean)で、Samsung TouchWiz UX、Motion UX、スマートアラート、イージーモードを搭載するなど、同社のハイエンドモデルに見られる様々な独自機能を持っています。

RAM容量は1GB、内蔵ストレージの容量は8GB、Micro SDカード(最大32GB)も利用可能。カメラは背面に500万画素CMOSを搭載しており、Color Effect、Scene Mode、Continuous Shot、Best Photoなどの機能が利用できます。撮影可能な動画の最大サイズは720p@15fps。前面には30万画素CMOSを搭載。

ワイヤレス通信機能はWi-Fi b/g/n、Bluetooth v3.0、DLNA、GSM/GPRS/EDGE(850/900/1800/1900MHz)、WCDMA/HSPA 7.2Mbps(900/2100MHz)に対応します。バッテリー容量は2,100mAh。本体サイズは133.3mm×70.7mm9.65mm, 質量は144g。カラバリはセラミックホワイトとチタングレーの2色。

プレスリリースに発売時期や価格は掲載されていませんが、以前の情報によると、海外では5月頃に発売されるそうです

Source : Samsung

関連する記事一覧

1週間の人気記事ベスト5