8月末時点の国内Andnroid端末の勢力図

投稿日時 9月 3rd, 2010 by juggly 投稿カテゴリ » ブログ
コメントは受け付けていません。

毎月月末ごろに行っている当ブログに対するアクセス記録(セッション数、割合)を基に、国内においてどのAndroidバージョン、どの機種が利用されているのか大雑把に確認してみました。今回はその7月分です。

7月末



8月末


  • Android1.6:58.19%→67.40%
  • Android2.1:19.98%→11.85%
  • Android2.2:15.7%→14.95%
  • Android1.5:0.27%→0.34%
Android1.6の割合が7月に比べて高くなりました。これは、SH-10Bの発売も影響しているのですが、8月末に行われたXPERIA SO-01Bのアップデート、9月からのspモードに関する記事に、多くのSO-01Bユーザが頻繁にアクセスしてきたことからセッション数が上がり、結果としてAndroid1.6のシェアが高くなっているように見えるだけだと思います。実際は上図よりもシェアは少なくなるはずです。そこら辺はご注意ください。

また、Android2.2がAndroid2.1を抜きました。Nexus One、HT-03A、X06HTでFroyoROMを使っていることがこれに影響したかと思われます。

まだまだAndroid1.6が国内では主流だということになります。海外ではAndroid2.1が主流です。

関連する記事一覧

1週間の人気記事ベスト5