Galaxy S 4 GT-I9505とXperia Tablet Z Wi-Fi版向けにCyanogenMod 10.1 Nightlyビルドの公式提供が開始

投稿日時 6月 11th, 2013 by juggly 投稿カテゴリ » Androidニュース
コメントは受け付けていません。



Galaxy S 4のグローバル向けLTE版(GT-I9505)とXperia Tablet Z Wi-Fi版のCyanogenMod 10.1 Nightlyビルドの公式提供が開始されました。

CyanogenMod 10.1はAOSP版Android 4.2.2の外観をそのままに、標準ではサポートされていない機能やUIの一部の変更機能を追加したほか、パフォーマンスについてもユーザー側でチューニング
できるところを特徴としたカスタムROM。現在はリリース候補版(RC版)が提供されていますが、上記2機種にはまだRC版は提供されていません。

CyanogenMod 10.1の導入方法は、GT-I9505(JFLTEXX)はROM本体とGAppsをダウンロードして、ClockworkModリカバリからインストールします。Xperia Tablet Z Wi-Fi版(pollux_windy)については、ダウンロードしたROM本体(ZIPファイル)の中に含まれるboot.imgをFastbootコマンドで書き込み、同時に導入されるClockworkModリカバリのZIP焼きメニューからROM本体をインストールします。ROMにGAppsは含まれていないので、こちらから最新版をダウンロードし、ClokcworkModのメニューからROMの後にインストールします。

GT-I9505用のROM本体
Xperia Tablet Z Wi-Fi用のROM本体

関連する記事一覧

1週間の人気記事ベスト5