Samsungが「Galaxy S 4 Zoom」を正式発表

投稿日時 6月 12th, 2013 by juggly 投稿カテゴリ » Androidニュース
コメントは受け付けていません。



Samsungは6月12日、カメラ機能に優れたAndroidスマートフォン「Galaxy S 4 Zoom」を正式に発表しました。Galaxy S 4 Zoomは3G版とLTE版の2種類がラインアップされ、2013年7月より順次発売されます。日本での発売予定は明らかにされていませんでした。

Galaxy S 4 Zoomは、Androidスマートフォンとコンパクトデジタルを融合した製品。外観は、Samsungが2012年秋に発売したAndroidデジカメ「Galaxy Camera」に似ていますが、Galaxy S 4 Zoomでは、ディスプレイ側をGalaxyスマートフォンのように物理ボタンを搭載したデザインにし、音声通話・SMS機能を追加するなど、スマートフォン・携帯電話としての使い勝手を高める変更が施されています。本体の大きさもGalaxy Cameraよりコンパクトな模様です。

カメラ仕様について。リアカメラは1,600万画素の裏面照射型CMOSで、内蔵型のF3.1~F6.3・24~240mmの光学10倍ズームレンズ、キセノンフラッシュ、光学手ブレ補正機能を搭載しています。また、4fps(AF適用)の連写機能や25種類の撮影モード(Smart Mode)、シーンに適した撮影モードを自動的に選択する機能なども搭載。ISO値はAuto/100/200/400/800/1600/3200の範囲で変更可能です。動画は最大1,920×1,080@30fpsで撮影可能です。前面には190万画素のカメラを搭載しています。

Galaxy S 4 Zoomの特徴としては、背面のカメラ部分に回転する”Zoom Ring”が備えられており、写真や動画の撮影時に回すとズーム操作を、通話中に回すと通話を継続したまま撮影モードに切り替え、撮影した写真を通話相手にMMSで送信する新機能が動く仕組み。

OSはAndroid 4.2.2(Jelly Bean)で、Samsung TouchWiz UXはGalaxy S 4と同じバージョンを搭載しています。ソフトウェア・機能面では、Googleアプリを搭載するほか、S翻訳、Sトラベル(トリップアドバイザーのSamsungバージョン)、Sボイス、Samsung Apps、Samsung Hub、Samsung ChatONに対応しています。また、本体には赤外線ポートが備えられており、Samsung WatchOnアプリを通じて家電をリモコン操作することもできます。

ディスプレイは4.3インチ960×540ピクセルのSuper AMOLED、プロセッサは1.5GHz駆動のデュアルコア、RAM容量は1.5GHB、内蔵ストレージの容量は8GB、Micro SDカード(最大64GB)も利用可能です。ワイヤレス通信機能はWi-Fi a/b/g/n、Bluetooth v4.0、NFC、Wi-Fi Directに対応。バッテリー容量は2,330mAh、本体サイズは125.5 x 63.5 x 15.4 mm, 208g

対応周波数は、3G版がGSM/GPRS/EDGE(850/900/1800/1900MHz)とWCDMA/HSPA 14Mbps/5.7Mbps(900/2100MHz)、LTE版がGSM/GPRS/EDGE(850/900/1800/1900MHz)とWCDMA/HSPA+ 42Mbps/5.7Mbps(850/900/2100MHz)とLTE cat 4 150Mbps/50Mbps(800/900/1800/2600MHz)に対応しています。

Source : Samsung

関連する記事一覧

1週間の人気記事ベスト5