世界中で使われているAndroidバージョンの割合とその遷移(8月後半)、Android2.2が28.7%

投稿日時 9月 11th, 2010 by juggly 投稿カテゴリ » Androidニュース
コメントは受け付けていません。

Android Developersの公式WEBサイトにおいて、9月1日までの14日における世界中で利用されているAndroid端末のOSバージョンの割合と、その時間的遷移図が公開されています。

今回の発表では、Android2.2を搭載した端末が28.7%ということで8月末時点ではAndroid2.1に続くシェアを持っていることが分かり、それと同時にAndroid2.1のシェアが大きく下がっていることがわかります。

前回(7月後半)と比較し数値化したものですが、Android2.2が二桁成長しています。

時系列に見ていくと、8月頭からAndroid2.2のシェアの伸びの勢いが増していることが分かります。

これらは8月前半に行われたSprint Evo 4G、Verizon Droid。欧州版HTC DesireなどのAndriod2.2へのアップデートと、Verizon Droid 2の発売などが大きく県警してきていると思います。

これから発売されるAndroidスマートフォンの多くはAndroid2.2が主流ですが、Androidマーケットを搭載したAndroidタブレット(Andnroid1.5、Android2.1)なども増えてくることからAndroid2.2以外の端末のシェアが急激に減ることもなかろうと思います。ただ、現時点~年末にかけてはAndroidスマートフォンが主流だと思うので年末までにはAndroid2.2が過半数を取ることが予想されます。

Xperia X10、X10 mini、X10 mini proのAndroid2.1へのアップデートも今後控えているので、その後、Android2.1のシェアは少しは上がることが予想されます。

Source:Android Developers

関連する記事一覧

1週間の人気記事ベスト5