NTTドコモ、「ARROWS X F-10D」のソフトウェアアップデートを開始、スリープまでの時間設定機能のバグを修正

投稿日時 7月 22nd, 2013 by juggly 投稿カテゴリ » Androidニュース
コメントは受け付けていません。


NTTドコモは7月22日、富士通製Androidスマートフォン「ARROWS X F-10D」に対してシステムの不具合解消を目的としたアップデートの提供を開始しました。

NTTドコモの発表によると、F-10Dにはスリープまでの時間設定機能に不具合があり、設定したスリープ時間よりも早く画面が消灯してしまうそうです。今回のアップデートで、この問題が改善されます。

更新ファイルは端末単体でダウンロード可能です。F-10Dの設定メニューを表示後、「端末情報」→「ソフトウェア更新」からアップデートを手動で実施することもできます。

アップデートにかかる時間は約8分。アップデート後のソフトウェアビルドは「V22R49C」となります。

Source : NTTドコモ

関連する記事一覧

1週間の人気記事ベスト5