Nexus S用CyanogenMod 10.2 Nightlyビルドの公式提供が開始

投稿日時 8月 21st, 2013 by juggly 投稿カテゴリ » Androidニュース
コメントは受け付けていません。



本日8月21日から「Google Nexus S」用のCyanogenMod 10.2 Nightlyの公式提供が開始されました。

約2年半前に発売された「Nexus S」は、Android 4.1.2より上のOSバージョンへのアップデートは打ち切られていますが、CyanogenModのサポートはまだまだ継続されるようです。「CyanogenMod 10.2」はAOSPで公開されたAndroid 4.3をベースに開発されているカスタムROM。ROM本体とGAPPSをClockworkModリカバリやTWRPなどのカスタムリカバリを使ってインストールすることで導入できます。

前回のCyanogeMod 10.1.xからOSバージョンが上がることによって、Bluetooth v4.0、OpenGL ES 3.0に対応、カメラアプリのUIが新しくなったほか、タブレットでは制限付きプロフィールなどの新機能を利用できるようになります。CyanogenModは日本語に対応していますが、現在のNightlyビルドは完全に日本語化されてません。

CyagenonMod 10.2本体
GAppsのダウンロード先(2013年8月14日時点の最新版はgapps-jb-20130813-signed.zip)

関連する記事一覧

1週間の人気記事ベスト5