Sony、「Xperia Tablet Z」国内Wi-FiモデルにAndroid 4.2.2へのアップデート(10.3.1.C.0.136)を提供開始

投稿日時 8月 29th, 2013 by juggly 投稿カテゴリ » Androidニュース
コメントは受け付けていません。


Sonyは8月28日、国内で発売された「Xperia Tablet Z」のWi-Fiモデルに対して、Android 4.2.2へのアップデートの提供を開始したと発表しました。

アップデート対象は「SGP311JP/B」「SGP312JP/B」「SGP312JP/W」の3モデル。NTTドコモのXperia Tablet Z SO-03Eは今回の対象には含まれていません。

今回のアップデートはOSのバージョンアップを伴う大規模なもので、OSバージョンがAndroid 4.1.2からAndroid 4.2.2に上がるのに伴い、UIレイアウトがNexus 7のようなスタイルに変わるほか、マルチユーザー機能やロック画面からウィジェットを閲覧したり、操作することができるロック画面ウィジェット機能、スクリーンセーバーを利用できるようにもなります。

Sony独自の変更箇所としては、

  • カメラアプリで撮影直後のプレビュー時間の長さを変更する機能を追加
  • 「ムービー」アプリにVideo Unlimitedの機能を一部統合(おすすめ動画が表示される)
  • PlayStation 3のワイヤレスコントローラ「DUALSHOCKTM 3」の接続に対応
  • 「ノート」アプリのノートビューモードでハイパーリンク(電話番号/ウェブサイトアドレス/添付データ)に対応
  • その他不具合改善
といったことが紹介されています。

更新ファイルは端末単体(「タブレット情報」→「ソフトウェア更新」より)、パソコン通信(PC Companion/Update Service)経由で入手できます。アップデート後のソフトウェアビルドは「10.3.1.C.0.136」です。

Source : Sony

関連する記事一覧

1週間の人気記事ベスト5

    None Found