Nexus 7(2013)用ASUS純正プレミアムカバーを入手、使用感などを紹介

投稿日時 8月 31st, 2013 by juggly 投稿カテゴリ » ピックアップ記事, ブログ
コメントは受け付けていません。



Nexus 7(2013)用のASUS純正アクセサリー「プレミアムカバー(アイボリー)」を入手したので使用感などを紹介します。

Nexus 7(2013)の純正カバーは、トラベルカバー(2,480円)とプレミアムカバー(3,980円)の2種類が現在販売中です。大きな違いはフタがあるかないかで、トラベルカバーにフタはありませんが、プレミアムカバーにはあり、フタを折りたたむとスタンドとしても機能します。

今回入手したのはプレミアムカバーのアイボリーカラーです。見た感じは若干青みがかったクリーム色。ケース部分は硬質で、表面はソフトタッチ仕上げとなっています。レザーケースと質感は全く異なります。フタには3つの切り込みが入っており、三角の形状に折りたたむとスタンドの足になります。





本体の装着感ですが、ケース部分はNexus 7(2013)の側面を途中まで覆う中途半端なものとなっていますが、本体はケースにカチッとハマるようになっており、グラグラしたり、わずかな衝撃で外れたりすることはありませんでした。また、スピーカーやUSB端子、カメラなどの外装パーツの穴もほぼ正確に開けられており、カメラやスピーカーの一部が隠れたり、USBケーブルが奥までハマらないということもありませんでした。ボタンはケース上から押す仕組みです。押し心地は良好です。







フタ付きケースでは、モノによってはフタを開いた時の取り回しがあまり良くないことがあります。プレミアムカバーでは、フタが背面からはみ出ないようになっているので、フタを開いた状態でNexus 7(2013)を持っても、操作性はさほど悪くはなりません。さすが純正品といった印象です。



Nexus 7(2013)とフタにマグネットのようなものは仕込まれておらず、iPadのスマートカバーのようにフタの開閉でスリープモードが切り替ることはありません。



スタンドとして使用方法は2通りあります。三角に折りたたんだ部分を上側にして置くとうつ伏せになっても操作しやすく、下側にして置くとデスク上で動画を見たりする時に役立ちます。





ちなみに、プレミアムカバーを装着した状態でもワイヤレス充電やAndroidビームは機能していました。

関連する記事一覧

1週間の人気記事ベスト5