IFA 2013 : ASUS、“Fonepad”第2世代モデル「Fonepad 7」を発表、Atom Z2560デュアルコアプロセッサ、フロントデュアルスピーカーを搭載

投稿日時 9月 5th, 2013 by juggly 投稿カテゴリ » Androidニュース
キーワード: , , ,
コメントは受け付けていません。



ASUSは9月4日、ドイツ・ベルリンで開催されたIFA 2013プレスカンファレンスで、音声通話も可能な“Fonepad”の第2世代モデル「Fonepad 7(ME372CG/K00E)」を発表しました。

Fonepad 7は7インチ1,280✗800ピクセルのIPS液晶を搭載した小型のタブレット。今年4月に発売された初代「Fonepad」に比べて、プロセッサがシングルコアAtom Z2424/Z2460からCPUとGPUをデュアルコアにしたAtom Z2560 1.6GHz“Clover Trail+”にアップグレードされ、処理性能とグラフィックス性能が向上しました。また、本体前面に2つのスピーカーが搭載され、音楽や動画などをステレオで楽しめるようになりました。データ通信機能では、DC-HSDPA 42Mbpsに対応したので、同通信規格でサービスを行っているキャリアのネットワークでは通信速度の向上が見込まれます。

OSはAndroid 4.2.2(Jelly Bean)。RAM容量は1GB、内蔵ストレージの容量は8GB/16GB/32GB、5GBのASUSストレージ(生涯利用可能)、Micro SDカードスロットも搭載(最大32GB)。カメラは背面に1080p動画の撮影も可能な500万画素CMOSと前面に120万画素CMOSを搭載。ワイヤレス機能はWi-Fi b/g/n、Bluetooth v3.0+EDR、Miracastに対応。バッテリー容量は3,950mAh。バッテリー駆動時間は動画再生で10時間、通話で28時間、スタンバイで35日とされています。本体の厚さは10.5mm、質量は340g。初代とほぼ同じです。

Source : ASUS

関連する記事一覧

1週間の人気記事ベスト5