Sonyが自社製カメラをスマートフォンやタブレットからWi-Fi経由でリモート操作できるアプリ開発用のAPIを公開

投稿日時 9月 5th, 2013 by juggly 投稿カテゴリ » Androidニュース
キーワード:
コメントは受け付けていません。



Sonyが自社製カメラをスマートフォンやタブレットからWi-Fi経由でリモート操作できるアプリ開発用のAPI「Camera Remote API beta」を公開をしました。

公開されたAPIをアプリで利用すると、例えば、本日発表されたスマートフォン向けのレンズスタイルカメラ「DSC-QX10」「DSC-QX100」で写真をスマートフォンから撮影するといったリモート操作が可能になります。

PlayMemories Mobileアプリのスマートリモコの機能がサードパーティアプリでも利用できるようになったということですね。それだけではなく、明るさを調節したり、タッチフォーカスでピントを合わせたり、プレビュー画面からSNSにシェアできるなど機能も増えています。Sonyは開発者向けサイト「Camera Remote Apps Developer Program」でAPIの仕様書、サンプルコード、ドキュメントを配布しています。

まずこのAPIに対応するカメラ製品は、アクションカム「HDR-AS30V」「HDR-AS15」、ミュージックビデオレコーダー「HDR-MV1」、サイバーショット「DSC-QX100」「DSC-QX10」、ミラーレスカメラ「NEX-6」「NEX-5R」「NEX-5T」。

なお、対応カメラのNEXシリーズは9月26日にリリース予定の「スマートリモコン ver 2.00」をインストールすることで、「Camera Remote API beta」に対応することになっています。

Source : SonyCamera Remote Apps Developer Program

関連する記事一覧

1週間の人気記事ベスト5