「Xperia Tablet Z SO-03E」のフルセグ対応化アップデート(10.1.E.0.305)が開始

投稿日時 9月 12th, 2013 by juggly 投稿カテゴリ » Androidニュース
コメントは受け付けていません。



NTTドコモは9月12日、Sony Mobile製Androidタブレット「Xperia Tablet Z SO-03E」のフルセグ対応化アップデートを開始しました。

今回のアップデートで、地上波放送の13セグメント受信(フルセグメント・・・フルセグ)に対応します。これにより、13セグメントのうち1セグメントだけを受信するワンセグよりもテレビ番組を高画質・高フレームレートで視聴できるようになります。フルセグには製品発売後に対応することが発表されたので、今回は神アプデといっても良い対応ですね。

今回のアップデートではフルセグ対応化のほか、一部のゲームアプリの音声に雑音が入る現象に対処したとのことです。ちなみに、OSバージョンはAndroid 4.1.2のまま変化ありませんでした。

更新ファイル(約31MB)は既に配信中です。アップデートは端末単体(Wi-Fi/3G/LTE)で実行できます。SO-03Eの設定メニューを表示後、「タブレット情報」右「ソフトウェア更新」をタップすると更新センターアプリが起動するので、更新ファイルをダウンロードし、「インストール」ボタンを押します。

アップデートにかかる時間は約7分。アップデート後のソフトウェアビルドは「10.1.E.0.305」です。

更新1:root状態は保持されます。

更新2:実際にアップデートしてみました

Source : NTTドコモ

関連する記事一覧

1週間の人気記事ベスト5

    None Found