Sony、スマートフォン向けレンズスタイルカメラ「DSC-QX10」「DSC-QX100」を10月25日に国内発売

投稿日時 9月 12th, 2013 by juggly 投稿カテゴリ » Androidニュース
キーワード: , , ,
コメントは受け付けていません。



SonyがIFA 2013で発表したスマートフォン向けレンズスタイルカメラ「DSC-QX10」と「DSC-QX100」を国内で10月25日(金)に発売すると発表しました。海外よりも1ヶ月ほど遅れての発売となります。価格は、「DSC-QX10」が24,800円、「DSC-QX100」が54,980円です。

発表されたQXシリーズはサイバーショットブランドのデジタルカメラで、レンズ型ボディの内部にCMOSイメージセンサー、BIONZ画像処理エンジン、ズームレンズ、ズームレバー、Wi-Fi、NFC、バッテリー、Micro SDカードスロット、シャッターボタンなどデジタルカメラの部品が組み込まれています。

通常のデジタルカメラと違うのは使用方法で、QXシリーズはスマートフォンと組み合わせて使用するのが基本となっており、スマートフォンの画面を利用してプレビュー・撮影を行い、スマートフォンにマウントして撮影することはもちろん、レンズカメラを手に持ってレンズを自分に向けて撮影したり、三脚に固定して撮影することもできます。

エントリーモデルの「DSC-QX10」は、光学10倍ズームのF3.3 Gレンズと1,820万画素の1/2.3型Exmor Rイメージセンサーを搭載。プレミアムモデルの「DSC-QX100」は、光学3.6倍ズームのF1.8(円形絞り)Carl Zeissレンズと2,020万画素の1型Exmor Rイメージセンサーを搭載。

対応機種はAndroid(2.3-4.2)、iOS(4.3-6.1.4)を搭載した端末。Google Playストア/Apple AppStoreで配信中の「PlayMemories Mobile(v3.1以上)」をインストールすることでQXカメラをリモート操作(ズームやシャッター等の操作、絞りや露出、ホワイトバランスの調節など)、QXカメラの写真や動画をスマートフォン側に転送できます。

2製品には幅54mm~75mm、厚さ13mm以下のスマートフォンに取り付けられるアタッチメントが付属しますが、Xperia Z向けにはスマートフォンケース型のマウンターが別売(3,255円)されます。このほか、QXカメラの持ち運び用ソフトキャリングケースも販売されます(3,780円)。



Source : Sony

関連する記事一覧

1週間の人気記事ベスト5