PCブラウザからAndroidを遠隔操作・管理できる「Webkey」、ファイルマネージャ機能付

投稿日時 9月 20th, 2010 by juggly 投稿カテゴリ » Androidアプリ
キーワード: ,
コメントは受け付けていません。

最近結構多くのAndroidを遠隔操作できるアプリなどがAndroidマーケットで公開されていますよね。このブログでもいくつか紹介したことがあります。今回紹介するのは「Webkey」というアプリで、LAN内ではもちろんのこと、もインターネットからでも簡単にAndroidにアクセスでき遠隔操作ができちゃうものなんです。

このアプリを利用するには端末のroot化が必要です。

よくあるブラウザを使ったAndroidの遠隔操作といえば、ブラウザに表示された端末の画面をマウスで操作していく・・・といったものが多いと思います。このアプリでも端末の画面をブラウザ上に表示し、マウスで(画面上ではない)操作することができますが、それだけではありません。

こんな画面が表示され、画面下のコントロールボタンで電話やボリュームの上下、通知バーの表示、音楽の再生・停止など行え、画面右側に表示されたチェックボックス、テキストボックスを使って表示を変更することができます。

「http;//」と表示されているテキストボックスに表示したいWEBサイトがあればURLを貼って「Open in Browser」をクリックするとAndroid上でそのWEBサイトを表示できますし、その下に「ls -l -a」と表示されているテキストボックスにAndroidで使えるLinuxコマンドを入れて実行すればブラウザ下部にコマンドの結果が表示されます(一部のコマンドを除く)。

遠隔操作というより、ブラウザを使った遠隔管理ですね。

これだけではありません。ブラウザ上部に並んだメニュー「GPS」、「SMS」、「users」、「sdcard」をそれぞれクリックすると、例えば「GPS」だ端末の位置を地図上に表示してくれたりします。緯度・経度の情報ももちろん。

さらにマイクロSD内のファイルを表示できるエクスプローラ機能も搭載。ファイルのアップロード/ダウンロードが可能です。

アプリの使い方は、Webkeyをインストールした後、起動して「Start service」をタップするだけ。すると画面上部に表示されたIPアドレスをブラウザのアドレスバーに入れてアクセスすればログイン画面が表示されますので、同じところに表示されたID(admin)、パスワード(ランダムな文字列)を入力すればログインできます。

何もしなければLAN内からしかアクセスできませんが、「keep alive connection to androidwebkey.com」にチェックを入れ、ユーザ名(適当なもの)を設定しておけば、http://androidwebkey.com/にアクセスしてインターネット経由でAndroidにログインできます。

先ほど設定したユーザ名は、次の図のテキストボックスに入れればLAN内でのアクセスと同様にログインできます。

例えば、Webkeyを起動させているAndroid端末に、暇なとき会社からアクセスしてちょこっと弄るとか、試すとか、そういうことができると思います。カメラを起動すれば監視カメラ的な感じにもできますね。使い方はいろいろご創造にお任せします。

関連する記事一覧

1週間の人気記事ベスト5

    None Found