Sony、NFCやDLNAに対応したポータブルワイヤレスサーバ「WG-C20」を10月25日に国内発売

投稿日時 9月 30th, 2013 by juggly 投稿カテゴリ » Androidニュース
コメントは受け付けていません。



Sonyは9月30日、同社がIFA 2013で発表したポータブルワイヤレスサーバの新モデル「WG-C20」を国内で10月25日に発売すると発表しました。WG-C20の価格は9,980円。カラバリはブラック、ホワイト、バイオレットの3色。

Sonyのポータブルワイヤレスサーバでは、本体に接続したメモリースティックデュオ、SDカード、USBメモリに保存したファイルをスマートフォンやタブレット、PCなどからWi-Fi経由で閲覧したり、転送することができるほか、内蔵バッテリーでスマートフォンやデジカメなどの電子機器を充電することもできます。

今回発表された新モデル「WG-C20」では、NFCに対応し、NFC対応のスマートフォンやタブレットとの「ワンタッチ転送」でファイルを送受信できるようになりました。また、バッテリー容量が3,000mAhに増加し、出力電流も5V/1.5Aに向上。これにより、タブレットの充電も可能になりました。

さらに、DLNA規格(M-DMS)にも対応し、「WG-C20」に接続したメモリカードの動画や音楽、写真をアプリからのDLNA対応のテレビやスピーカー上で再生したり、Xperiaの「ムービー」アプリでも視聴することができます。このほか、Wi-Fiアクセスポイントのブリッジ機能も追加されています。

WG-C20では、Android向けに専用アプリ「FileManager for Android」がGoogle Playストアで提供される予定で、アプリをインストールすることで、WG-C20内のデータを閲覧・管理・共有することができます。筐体サイズは71 x 144 x 9mm、質量は135g、外部端子はUSB×1、Micro USB×1(充電用)、メモリーカードスロット。無線LANはIEE802.11 b/g/n(2.4GHz帯)に対応。

対応メモリーカードは、メモリースティックデュオ、メモリースティックPROデュオ、メモリースティックPRO-HGデュオ、メモリースティックマイクロ、SD/SDHC/SDXC/microSD/microSDHCメモリーカード。バッテリー駆動時間はMP3ファイルのストリーミングで最大10時間。



Source : Sony

関連する記事一覧

1週間の人気記事ベスト5