下り最大110Mbpsの新モバイルブロードバンドサービス「WiMAX 2+」がいよいよ本日スタート

投稿日時 10月 31st, 2013 by juggly 投稿カテゴリ » Androidニュース
キーワード: , ,
コメントは受け付けていません。



UQコミュニケーションズの新モバイルブロードバンドサービス「WiMAX 2+」がいよいよ本日開始されました。

WiMAX 2+は将来的に下り1Gpbsを超える通信速度に上がる予定ですが、開始当初は保有周波数の運用面と技術面の問題で下り最大110Mbpsとなっています。WiMAX 2+は既存のWiMAXと平行して提供されており、本日発売されたWiMAX 2+対応機種「Wi-Fi WALKER WiMAX2+ HWD14」ではWiMAX 2+とWiMAXのほか、auのLTEサービス「4G LTE」も利用できます。

「Wi-Fi WALKER WiMAX2+ HWD14」はモバイルWi-Fiルーターで、UQオンラインショップ(http://www.uqwimax.jp/shop/)とMVNO各社を通じて販売されています。HWD14の利用料は2年間月額3,880円でWiMAX 2+とWiMAXを速度制限なしで利用可能。オプションへの加入でauの「4G LTE」も利用できます。

販売店は、UQ、ヤマダ電機(YAMADA Air Mobile WiMAX)、ラネット(Bic WiMAX)、ワイヤレスゲート(ワイyレスゲートWi-Fi+WiMAX)、エディオン(エディオンネット)、ノジマ(nojima WiMAX)、ニフティ(@nifty WiMAX)、ビッグローブ(Biglobe WiMAX)、ダイワボウ情報システム(DIS Mobile WiMAX)、ネットワークコンサルティング。

なお、UQとMVNO各社は2013年11月12日より順次KDDIの「auスマートバリュー mine」に対応する予定です。

UQ、「WiMAX 2+」による下り最大110Mbpsの新データ通信サービスを10月31日より提供開始

Source : UQコミュニケーションズ

関連する記事一覧

1週間の人気記事ベスト5

    None Found