NTTドコモ、「ARROWS X F-10D」のAndroid 4.2(Jelly Bean)アップデートを開始

投稿日時 11月 6th, 2013 by juggly 投稿カテゴリ » Androidニュース
コメントは受け付けていません。

NTTドコモは11月6日、富士通製Androidスマートフォン「ARROWS X F-10D」のAndroid 4.2アップデートを開始しました。

今回のアップデートでF-10DのOSバージョンがAndroid 4.0.4(ICS)からAndroid 4.2.2(Jelly Bean)に上がり、Project Butterによる描画性能やタッチレスポンスの向上が見込まれるほか、通知パネルの通知を展開したり、通知のボタンを使って直接操作できるようになります。また、Google検索アプリのアシスタント機能「Google Now」も利用できるようになります。Android 4.2の新機能としては、ロック画面ウィジェットに対応。スリープ中に様々な情報・コンテンツを表示できるスクリーンセーバー機能(DayDream)に対応します。

富士通による変更内容

Pallete UIのアイコンが拡大
NXホームのアイコンを好みのデザインに変更できる
標準ブラウザで選択した文字を辞書引きできる「すぐ辞書」機能が追加
キーボードの高さや幅を調節可能になる
最近使用したアプリリストに「全アプリ終了」ボタンが追加

このほか、「データ保管BOX」やNOTTVの災害関連情報の受信にも対応。XiエリアえGPSの測位に時間がかかる不具合にも対処しています。

更新ファイルは端末単体でダウンロード可能です。F-10Dの設定メニューを表示後、「端末情報」→「ソフトウェア更新」からアップデートを手動で実施することもできます。

アップデートにかかる時間は約44分。アップデート後のソフトウェアビルドは「V10R42A」。

Source : NTTドコモ

関連する記事一覧

1週間の人気記事ベスト5