Nexus OneにDesire HD ROM「eViL's NXSense HD v.0.3 」を入れてみた(ベンチマーク結果を追加)

投稿日時 9月 28th, 2010 by juggly 投稿カテゴリ » Nexus One, カスタムROM
コメントは受け付けていません。

リークされたDesire HDのROMからNexus One向けのカスタムROMが先週から出ていたそうです。気が付きませんでした。なので早速、手持ちのNexus Oneにそれを導入してみました。

[ROM] eViL’s NXSense HD v.0.3 – Desire HD Port [9/26/10]

まだカメラやWi-Fi、テザリング機能が動作しません。Nexus One上で完全に動作するものではないお試し版です。

1.カスタムリカバリ「Amon Ra’s Carebear 1.9.0」をこちらからダウンロードし、Nexus Oneに焼きこむ。

2.リカバリモードで起動し、512MB以上のSD-EXTパーティションをマイクロSDに作成。

3.ダウンロードしたカスタムROM「eViL-NXSense-HD-v03.zip」をマイクロSDの/sdcardにコピー。

3.Data、Cache、Dalvik-Cache、SD-EXTをワイプ。

4.ZIPファイルを焼きこむ

5.Nexus Oneをリブート。起動するまでに5分ほどかかります。気長に待ちましょう。

噂のQuick Bootを試してみました。端末ON状態から電源を切り再度電源をONにすると3秒くらいで起動しますね。ビックリしました。が、ハイバネーションのような動きなのでバッテリーを抜き差ししてからの起動だといつもどおりの時間で起動します。

とりあえずQuadrantベンチマークの結果を取得しましたので貼っておきます。スコアは1238と通常のROMのNexus Oneより低い数字でしたが、まだ最適化されていないのでしょう。動作速度やレスポンスについては特に問題ない見たいですから気長に待ちます。

関連する記事一覧

1週間の人気記事ベスト5