Samsung、Galaxy Jを台湾でも発売する予定? 「SGH-N075T」が台湾NCCの認証を取得

投稿日時 11月 18th, 2013 by juggly 投稿カテゴリ » Androidニュース
コメントは受け付けていません。



今月初めに国内で発売されたSamsungの日本独自モデル「Galaxy J」が台湾でも発売される模様です。台湾の電波認証機関 NCCでGalaxy Jの台湾モデルと見られる「SGH-N075T」が認証を取得しました。

日本で発売された「Galaxy J(SC-02F)」が「SGH-N075」のSamsung型番を持つので、NCCで認証を取得した「SGH-N075T」は基本的に同一の製品と考えられます。NCCではGSM/WCDMA、Wi-Fi、Bluetooth、NFCの周波数帯でしか認証を取得しておらず(LTEには非対応)、末尾の‟T”はTaiwanの頭文字でしょうから、「SGH-N075T」は台湾限定モデルと予想されます。

Galaxy Jは、5インチフルHDのSuper AMOLEDディスプレイ、Snapdragon 800 MSM8974 2.26GHzクアッドコアプロセッサ、3GB RAM、1,300万画素カメラ、2,6000mAHバッテリーなどを搭載したスマートフォン。国内版は、おサイフケータイ(FeliCa)やワンセグ、NOTTVに対応しますが、それらは削除されていることでしょう。

Source : ePrice

関連する記事一覧

1週間の人気記事ベスト5