Sony Ericsson、Xperia等と連動するAndroid向け腕時計型アクセサリ「LiveView」を発表

投稿日時 9月 28th, 2010 by juggly 投稿カテゴリ » Androidニュース
キーワード: , ,
コメントは受け付けていません。



Sony EricssonがAndroid向けアクセサリー『LiveView』を発表しました。LiveViewは、小型ディスプレイを持った腕時計のように装着できるサブディスプレイ、リモコンのようなもので、Xperia X10シリーズはもちろんのこと、Android2.0以降を搭載した端末でも動作するものだそうです。

LiveViewは、1.3インチ有機ELディスプレイ(解像度128×128)をもち、AndroidとBluetooth接続して動作します。母艦機で受けた電話の相手番号やメール送信者を表示したり、着信音量を消音にしたり、Facebook、Twitterの投稿を閲覧したり、RSSフィードを表示したり、音楽を再生・コントロールしたり、GPSアプリ『SportyPal Pro』を使って移動距離やスピード情報を閲覧したりできます。LiveView対応アプリは今後Androidマーケットに公開される「LiveView Manager」で確認できるようになるそうです。

LiveViewにはディスプレイ端部にタッチエリアが設けらえれておりスクロール操作ができるみたい、上部にはON/OFF、選択ボタンが付いています。また、腕時計のように装着できるベルトも同梱されていますが、単体でも利用可能。

Xperia X10シリーズでLiveViewを利用するには今後行われるAndroid2.1へのアップデートが必須となっているそうです。現時点でのサポート端末は、Xperia X10シリーズ(X8は現時点では無し)、HTC Desire、Samsung Galaxy Sとのこと。発売は一部向けに2010年Q4から行われるそうです。国内だとXPERIA SO-01Bユーザが非常に多いことから日本語表示対応などのカスタマイズが施されて発売されるのでは無いかと予想しています。というか発売して欲しいですよね。



Source:Sony Ericsson、Via:Androidos.in

関連する記事一覧

1週間の人気記事ベスト5