アプリを改変することなくROMをカスタマイズできる「Xposed」が最近リリースされたXpesed Installer v2.4 Beta1でAndroid 4.4(KitKat)に対応

投稿日時 11月 24th, 2013 by juggly 投稿カテゴリ » Androidニュース
キーワード: ,
コメントは受け付けていません。



アプリを改変することなくROMをカスタマイズすることができるAndroid用フレームワーク「Xposed」が最近リリースされたXpesed Installer v2.4 Beta1でAndroid 4.4(KitKat)に対応しました。

Xposedは、Android端末の外観やアプリの機能を専用の開発されたモジュール(実際の機能変更ツール)のサポートする範囲で好きなように変更できるようにする独自のフレームワーク。これがAndroid 4.4(KitKat)に対応したことで、Nexus 5やAOSP版Android 4.4を搭載したroot化済み端末でXposedモジュールを利用できるようになりました。

Xpesedモジュールを利用するにはroot化済みの端末に下記のリンク先で配布されている「Xposed Installer」アプリをインストールして、アプリ内でXpesedフレームワークを導入します。次に、アプリ内で実際にカスタマイズ機能を提供するXposedモジュールを「ダウンロード」タブより入手。それぞれapkファイルを手動インストールするのと同じようにしてインストールし、「モジュール」タブでXposedモジュールにチェックを入れます。後は端末を再起動すれば有効になります。

Android 4.4向けのXposedモジュールとしては、今のところ、アプリに対してバッテリーステータスへのアクセスを許可する「Enable BateryStats Permission」が公開されています。既存のXposedモジュールも利用できるので、すぐにいろんな部分をカスタマイズできると思います。

Source : XDA Developers

関連する記事一覧

1週間の人気記事ベスト5