CES 2014 : Huawei、OUYAよりもスペックの高いAndroidベースのコンソールゲーム機「Huawei Tron」を披露

投稿日時 1月 9th, 2014 by juggly 投稿カテゴリ » Androidニュース
キーワード: , ,
コメントは受け付けていません。



Huaweiが現在米国・ラスベガスで開催中のCES 2014イベントで、「Huawei Tron」と呼ばれるAndroidベースのコンソールゲーム機を披露しました。スマートフォン・タブレットを中心に製品を投入しているHuaweiですが、今年はそれらとは違ったAndroid製品も投入する計画のようです。

Huawei Tronは筒状のちょっと変わったデザインの筐体に、Andorid 4.2、NVIDIA Tegra 4、2GB RAM、16GB/32GB ROM、USB 3.0端子などを搭載しています。

外観は少し違いますが、Androidベースのコンソールゲーム機で有名な「OUYA」に似た製品です。製品はTron本体とゲームコントローラーで構成され、Tron本体をHDMIケーブルでテレビや外部モニタに接続すると、大画面でAndroidゲームをプレイすることができます。Wi-FiやBluetooth通信もサポートされています。



Huawei Tronは$120以下の安い値段で販売される予定と言われています。まずは中国での発売が予定されているそうなのですが、グローバル展開されるのかどうかについては未定です。

Source : The Verge

関連する記事一覧

1週間の人気記事ベスト5