Intel、Android 4.4(KitKat)のカーネル・ドライバを64bit化済み、次期スマートフォン向けAtom SoC‟Merrifield”も64bit対応

投稿日時 1月 12th, 2014 by juggly 投稿カテゴリ » Androidニュース
キーワード: , ,
コメントは受け付けていません。



Intelは既にAndroid 4.4(KitKat)のx86向けカーネル・ドライバの64bit化を完了させたそうです。Intelのモバイル部門ゼネラルマネージャー兼副社長を務めるHermann Eul氏がCES 2014のイベント会場で明らかにしたとWSJ傘下のメディア Barron’sが報じています。

同サイトによると、Eul氏はIntelの次期スマートフォン用Atom SoC‟Merrifield”でスマートフォン向けSoCrとしては初めて64bit対応化を行っており、それに合わせて、Android 4.4(KitKat)でx86用のカーネル・ドライバ周りも64bit化していると述べたそうです。

カーネルとドライバが64bit化されたと言っても、肝心のAndroidシステム・・・フレームワークやランタイム、各種アプリが64bitに対応しなければその恩恵は十分に受けられないと思いますが、もし、Android 4.4が今後のマイナーアップデートで64bitに対応すれば、Intel端末の動作性能は向上し、次のメジャーバージョンアップで対応するとしても、Intelの対応はスムーズに行われるという期待が持てます。

‟Merrifield”は、Silvermontアーキテクチャーを採用した22nmプロセスのスマートフォン向けSoCです。Computex 2013で発表されました。既存のSoCからピーク性能が3倍ほど向上しつつもの、電力消費は最大1/5にもなり、プライバシー保護機能、LTEマルチモードモデム「XMM7160」にも対応しています。

Source : BarronsThepgm

関連する記事一覧

1週間の人気記事ベスト5