Galaxy S 5は超狭額縁デザインを採用、ディスプレイ下部は指紋リーダーとしても機能する

投稿日時 2月 12th, 2014 by juggly 投稿カテゴリ » Androidニュース
キーワード: ,
コメントは受け付けていません。


韓国メディアのKorea HeraldがSamsungの次期フラッグシップスマートフォン「Galaxy S 5」のディスプレイに関する業界の噂情報を伝えています。

Galaxy S 5のディスプレイについては、先ほどの記事で5.25インチ2,560×1,440ピクセルのSuper AMOLEDを搭載している可能性が高いことを紹介しました。

同サイトによると、Galaxy S 5のディスプレイは‟ベゼルレス”、あるいは画面を囲う枠のみの超狭額縁デザインを採用しているそうです。注目なのは指紋センサーがディスプレイ内部に組み込まれており
画面の一部を指でなぞるだけでユーザーの指紋を読み取ることができるというところです。

スマートフォンにおける指紋の読み取り技術としてはこれまでになかった方式ですね。しかし、同サイトの情報元によれば、指紋リーダーとして機能するのはディスプレイ全体ではなくディスプレイ下部の左右どちらかの一部分のみとのことです。

また、先ほどの記事で紹介したイラスト画像には本体上にホームボタンが描かれていましたが、同サイトの情報元は、‟ホームボタンは排除されている”と語ったそうです。

Source : Korea Herald

関連する記事一覧

1週間の人気記事ベスト5

    None Found