Google、Nexus 5のカメラバグが発熱やバッテリー消費量の増加を引き起こす現象について、今後のアップデートで修正すると明言

投稿日時 3月 6th, 2014 by juggly 投稿カテゴリ » Androidニュース
キーワード: ,
コメントは受け付けていません。



一部のNexus 5において発生している”mm-qcamera-daemon”と呼ばれるカメラ機能を司るデーモン(サービス)のCPU使用率が異常に高くなる現象について、Googleが今後のメンテナンスアップデートで修正すると同社のサポートフォーラムで明らかにしました。

この現象は、上図のように”mm-qcamera-daemon”のCPU使用率が何らかの原因で異常に高くなることによって、発熱やバッテリー消費量が増えてしまうというものです。具体的な原因は示されていませんが、Googleはこの現象をNexus 5のソフトウェアバグによるものとしており、今後のファームウェアアップデートで修正すると述べています。

アップデートの配信開始時期については、テスト等の確認作業が必要になることから未定としています。

Googleは”mm-qcamera-daemon”のCPU使用率が異常に高くなることを最近のSkypeアプリのアップデートで顕著になったと述べていますが、他のカメラアプリ等でも同様の問題が発生することから、サードパーティアプリのせいではないとしています。

Source : Google

関連する記事一覧

1週間の人気記事ベスト5