Google、Androidの次期メジャーアップデート版Android “L”リリースを発表(インタフェース編)

投稿日時 6月 26th, 2014 by juggly 投稿カテゴリ » Androidニュース
コメントは受け付けていません。



Googleが26日に行われたGoogle I/O 2014カンファレンスの初日基調講演でAndroidの次期メジャーアップデート版「Android “L”リリース」をお披露目しました。

Android Lは今年後半にリリースされる予定ということもあり、カンファレンス中に最終的なコードネームとバージョン番号は発表されませんでした。終始「Android L」として紹介されています。

Android Lの大きな特徴は、システムからアプリにいたるインタフェースを刷新した点と処理性能/グラフィックス性能/電力効率に関する“パフォーマンス”を改善した点です。内容が盛りだくさんだったので、この記事では最初のインタフェース周りのことをお伝えします。

インタフェースにおける変更のポイントは、“Material Design”という新たなデザイン方式の導入したこと、通知システムのデザインを刷新して機能を拡張したこと、WEBとの親和性を高めたところの大きく3つです。



この中でも“Material Design”の導入が目玉と言えます。“Material Design”は、アプリの外観を刷新して、スマートフォン、タブレット、WEBを通じて一貫したUIを作成できることを目指したデザイン方式です。



画像をご覧のとおり、iOS 7のようなフラットデザインが基本となっており、ステータスバーカラーがアプリによって変化します。また、ナビゲーションバーのボタンデザインもよりシンプルなものに変わりました。





Googleアプリのアイコンもリニューアル。



動画では、アプリ内のUI要素が操作内容によって新しいアニメーションと共に独立して動くようにでき、タッチ操作時にもアニメーションを利用できるようになりました。Googleはこのデザイン方式を、紙とインクからヒントを得て構築し、“美しくて際立つ”デザインを表現できると言っています。



新しいデザインガイドラインも公開されています。



通知機能では、通知の表示スタイルがGoogle Nowのようなカードスタイルに変わり、ロック画面上でも操作しやすくなりました。また、フルスクリーン時に通知を確認できる「Head Up」も追加されています。







 

WEBとの親和性向上については、アプリと同じくWEBインタフェースにも“Material Design”を適用できるようになったほか、“Recent”の表示方法が刷新。WEBからAndroidアプリをダイレクトに起動することもできます。





関連する記事一覧

1週間の人気記事ベスト5