Wearable Widgets : AndroidのウィジェットをAndroid WearやGoogle Glass、SmartWatch 1/2に表示できるアプリ

投稿日時 7月 12th, 2014 by juggly 投稿カテゴリ » Androidアプリ
コメントは受け付けていません。



Androidスマート・タブレットのウィジェットをAndroid WearやGoogle Glass、Sony SmartWatchなどのウェアラブルデバイスにそのまま表示するAndoridアプリ「Wearable Widgets」がGoogle Playストアで配信されています。いつもホーム画面で目にするウィジェットを手首のAndroid Wearなどでも見られる便利なアプリなので、対応するウェアラブルデバイスをお持ちの方は試して見てはいかがでしょうか。

Wearable Widgetsは、Andoridアプリに含まれるスマートフォン・タブレット用のウィジェットをウェアラブルデバイスの画面に表示するアプリです。対応するウェアラブルデバイスはAndroid Wear、Google Glass、Sony SmartWatch 1/2となっています。

何が便利なのかというと、各デバイス専用のアプリが無くてもウィジェット経由でアプリを利用したり、情報を閲覧できるところです。例えば、Android WearをターゲットにしてTiwtterクライアントのウィジェットを登録すれば、LG G WatchやGear Liveの画面でTwitterのタイムラインを閲覧できたり、Anroidの標準スイッチウィジェットを登録すると、Android WearでWi-FiやBluetooth、GPSなどの機能をON/OFFできます。

Wearable Widgetsのセットアップ方法は、ターゲットデバイスを選択し、画面右上の「+」ボタンを押してウィジェットを選択します。無料版では1つのウィジェットしか登録できないのでご注意ください。基本的にはこれでセットアップ完了です。アプリ内に表示される内容がターゲットデバイスの画面にも表示されます。アプリによってはタッチ操作も可能です。



Android Wearの場合だと、アプリランチャーから本アプリをタップするか、時計画面に表示される通知をタップするとスマートフォン・タブレット側に登録したウィジェットが起動します。



Wearable Widgets」(Google Playストア)

関連する記事一覧

1週間の人気記事ベスト5