Desire 820の主要スペックが伝えられる。HTCのAndroid Wearスマートウォッチは日本でも発売されるという噂

投稿日時 8月 29th, 2014 by juggly 投稿カテゴリ » Androidニュース
キーワード: , , ,
コメントは受け付けていません。


Twitter の情報通 @Upleaks さんよる「HTC Desire 820」と HTC のウェアラブルデバイス 2 機種に関する新情報です。

Desire 820 については、先週より中国 Weibo を通じてティザーが行われています。HTCの発表予告によると、Desire 820は世界初 64bit 対応の 8 コアプロセッサ(Snapdragno 615)を搭載した機種になることから海外で注目を集めています。

同氏によると、Desire 820 “HTC A50”は、5.5 インチ 1,280×720 ピクセルの液晶、Snapdragon MSM8916 1.2GHz プロセッサ、1.5GB RAM、8Gb ROM、背面に 1,300 万画素カメラ、前面に 800 万画素カメラ、2,600mAh バッテリーを搭載しているそうです。Desire 816を強化した感じですね。プロセッサがSnapdragon 410なのは何かの間違い?

続いて、HTC のウェアラブルデバイス“HTC CWZ”と“HTC WWY”に関する情報です。“HTC CWZ”は Android Wear を搭載した製品で、北米、EMEA地域、日本、ブラジル、韓国、台湾において 9 月に発表・発売されるとのことです。まさか日本でも発売されるとは!

一方、“HTC WWY”は、1.8 インチ 160×32 ピクセルのディスプレイ、100mAh バッテリー、IP57 レベルの防水・防塵に対応しているそうです。これはスマートウォッチというよりも、アクティビティトラッカーに近い製品だと推測されます。こちらも 9 月に発表・発売されるとのことです。

Source : Twitter

関連する記事一覧

1週間の人気記事ベスト5