Windows用の新しいAndroidエミュレーター「DuOS-M」が登場、主要なWindowsハードウェアにアクセスできるところが特徴

投稿日時 8月 31st, 2014 by juggly 投稿カテゴリ » Androidニュース
キーワード: ,
コメントは受け付けていません。
このエントリーをはてなブックマークに追加


米国の American Megatrends 社が、Windows PC・タブレットで Android アプリを利用できるようにする新しい Android エミュレーター「DuOS-M」をリリースしました。ソフトは有料($9.99)なのですが、インストール後 30 日間はトライアルとして無料で試せます。

DuOS-M は、BlueStacks や Andy といった Android OS を Windows 上で稼働させる Android エミュレーターです。特徴は Windows ハードウェアとの親和性が高いところで、Windows の GPU を用いたハードウェアアクセラレーションにより、グラフィックス性能は高く、Android から Windowsの主要パーツにもアクセスできるとされています。完全仮想化によるものなのでしょうか。

具体的には、Windows のカメラ、USB ポート、センサー(加速度 / ライト / ジャイロ / 回転 / コンパス / GPS)、ストレージ、外部キーボードなどにも Android からアクセスできるとされています。また、マルチタッチ(ピンチズームなど)も可能とされています。

Android を Windows 上で稼働させることで、デュアルブート構成に変えることなく、Android を操作することや Android アプリ・ゲームを利用することができます。DuOS-M に Google Play ストアは含まれていませんが、Amazon アプリストアがプリインストールされており、Android アプリはそこから調達できます。



Source : DuOS-M

関連する記事一覧

1週間の人気記事ベスト5