Fitbit、心拍センサーやGPSをサポートしたリストバンド型活動量計新モデル「Charge」「Charge HR」「Surge」を発表

投稿日時 10月 27th, 2014 by juggly 投稿カテゴリ » Androidニュース
コメントは受け付けていません。



フィットネスバンドのトップメーカー 米 Fitbit は現地時間 10 月 27 日、3 種類の新しいリストバンド型活動量計「Fitbit Charge」、「Fitbit Charge HR」、「Fitbit Surge」を正式に発表しました。

Charge はこれまでの最新モデルだった Force のリプレイス品と言える製品で、リストバンドはテクスチャー仕様のものに変更されましたが、ほぼ Force と同じです。機能面では歩数や移動距離、昇降段数、消費カロリー、睡眠時間などを計測できるほか、新たに自動で睡眠モードに切り替える機能が追加されました。スマートフォンの着信を通知する機能も搭載しています。



Charge HR は上記の Charge に光学式の心拍センサーを追加した上位モデル。裏面に LED が仕込まれており、脈拍から安静時の心拍数や運動時の心拍数を計測することができます。心拍数を計測することで、消費カロリーの精度が向上するほか、心拍数の変化から体調の変化を読み取ることも可能になります。





Surge は Charge HR に GPS を追加した内容の製品です。ディスプレイも拡大しています。ランニングやサイクリングなどのスポーツでは、GPS ベースの方が速度や移動距離をより正確に計測できるほか、ラップごとのペースといった従来製品では取得できなかったデータも計測できるようになります。



Charge は米国で同日より販売されています。価格は $129 です。Charge HR と Surge は 2015 年初旬に発売される予定です。価格は、Charge HR が $149、Surge が $250。

Source : Fitbit

関連する記事一覧

1週間の人気記事ベスト5