OPPO Martが背面ツインカメラを搭載した「Huawei Honor 6 Plus」の販売を開始。日本直送にも対応

投稿日時 12月 31st, 2014 by Jetstream 投稿カテゴリ » Androidニュース
キーワード: ,
コメントは受け付けていません。
このエントリーをはてなブックマークに追加



日本への直送にも対応している中国のネットショップ OPPO Mart が背面に 2 つのカメラを備えた新型 Android スマートフォン「Huawei Honor 6 Plus」の販売を開始しました。Honor 6 Plus は 12 月 16 日に発表され、23 日に中国で発売された Huawei の最新スマートフォンです。


Huawei Honor 6 Plus は、5.5 インチ 1,920 × 1,080 ピクセルの IPS 液晶ディスプレイや Hisilicon 製オクタコアプロセッサ Kirin 925 1.8GHz オクタコアプロセッサなどを搭載した LTE 対応スマートフォン。


ハードウェアスペックは Huawei Honor 6 よりも少し上がったした程度なのですが、背面に「Bonic Parallel Twin Lens」と呼ばれるツインカメラを搭載しており、Huawei はツインカメラでカメラパフォーマンスが一眼レフ並みに改善されたと豪語しています。


Honor 6 Plus のラインアップは内蔵ストレージの容量別に 16GB モデルと 32GB モデル。カラバリはブラック、ゴールド、ホワイト、スカイ(32GB モデルのみ)の 4 色ですが、現在 OPPO Mart では 16GB ストレージのホワイトカラーのみ販売されています。本体価格は $399(約 49,300 円) です。本体価格は国際送料が含まれた総額で、国内到着時の送料を含めた輸入総額は約 54,000 円程度となります。


Huawei Honor 6 Plus は 16GB モデルと 32GB モデルで対応する通信規格に違いがあります。16GB モデルは中国 3 キャリアの LTE に対応しているので、一応日本でも使用可能と思われますが、OPPO Mart の商品ページの記述は曖昧なので、輸入する場合は事前に確認・調査した方がいいかもしれません。


Source : OPPO Mart

関連する記事一覧

1週間の人気記事ベスト5